テーマ・部門の変遷

第2回 初心者部門・規定部門(テーマを設けた部門)・自由部門
第3回 初心者部門・自由部門の2部門で募集
第4回 初心者の規定を設ける (ビデオカメラ使用2年未満の人対象)
第5回 テーマ部門(テーマ「情熱ある人」)・自由部門・ファミリー部門(面白い・突発的)
第6回 団体制作を別枠審査するためグループ部門を新設
テーマ部門(テーマ「情熱」)・自由部門・ファミリー部門・グループ部門
第7回 ファミリー部門をおもしろビデオ部門に変更
テーマ部門(テーマ「地域づくり」)・自由部門・おもしろビデオ部門・グループ部門
第8回 テーマ部門「発見」、自由部門
第9回 テーマ部門「私の宝もの」、自由部門
第10回 テーマ部門「心のふるさと」「いのちの輝き」「挑戦」、自由
第11回 テーマ部門「ふるさと」「光る汗」「私のこだわり」「私の見つけた丹波篠山(常設)」
第12回 キーワードを指定し、メッセージ形式で提示
第13回 「人の生き方を伝えたい」を大会テーマとし、「いっしょに生きる」「心のふるさと」「私の見つけた丹波篠山」を募集テーマとした
第14回 CM部門を試験的に導入

第15回

「生き方を伝えたい」を大会テーマとし、プロモーションビデオ部門を試験的に導入
第16回 「生きている喜びを伝えたい」を大会テーマとし、メッセージ部門を試験的に導入
第17回 「生きる感動をビデオに」を大会テーマとし、規定部門をグランプリ部門と命名、初心者でも参加しやすいデビュー部門(テーマは自由)を試験的に導入
第18回 「生きるって素晴らしい」を大会テーマとし、グランプリ部門の「心のふるさと」を「明日に挑戦!」変更
第19回 「生きる~泣いて・笑って・輝いて~」を大会テーマとし、携帯電話ムービーやデジカメムービーのワンショット作品を募集
第20回 「明日に向かって生きる」を大会テーマとし、丹波篠山築城400年祭プレイベントとして実施
第21回 「キラリ生きる」を大会テーマとし、築城400年を記念して、デビュー部門の募集範囲を篠山と関係ある方に限定
第22回 大会テーマは「生きる」。デビュー部門を全国募集もどす
第23回 大会テーマは「生きる」。東日本復興応援作品募集
第24回 大会テーマは「生きる」。グランプリ部門の募集テーマを取りやめ、スマホや携帯電話で撮影した映像を募集する「ショート部門」を試験的に設置
第25回 大会テーマは「生きる」。グランプリ部門の作品時間を7分以内に変更。デビュー部門を誰でも気軽に応募できる「ショート部門」に変更。作品時間は2分以内に設定
第26回 大会テーマは「生きる」。「ショート部門」を「気軽にチャレンジ部門」に名称を変更し、「わたしの○○映像」というテーマを設定した
第27回 大会テーマは「生きる」。「気軽にチャレンジ部門」を「チャレンジ部門」に名称を変更し、「ささやまのええとこ」というテーマを設定した
第28回 大会テーマは「映像でこころ豊かに」
グランプリ部門のテーマは「生きる」、 チャレンジ部門のテーマは「ささやま新発見!再発見!」に設定




Copyright (C) 2010 Tanba Sasayama Video Grand Prix. All Rights Reserved.